続・不定期-二見だより

趣味のサイクリング、自転車、その他(最近、鉄分が増えました)いろいろと気の向くままに書いて行きます。

2日目の記録です。
利用した宿です。
ボートを見てわかるようにラフティングを始めキャオニングなどを主催する会社が運営する宿です。
P5230148_R
前日に買ったパンと持参していたカップ麺を食べ、7時15分にスタート。
竹原で北山川を渡り前日に七色ダムに行った際の道の対岸を走ります。
(七色ダムへの登りを回避するためです。)
P5230155_R
前日に訪れた七色ダムです。
P5230169_R
七色ダムの堰堤から下って来た道と合流し進んで行くと三重県に入り神上の集落が現れます。
ここは碁石や硯を始め工芸品にも使われる那智黒石の産地だそうです。
P5230176_R
この集落を過ぎると新大峪(おおさご)トンネルへの登りとなります。
スタートして30分ほどでいきなりのきつい登りです。
前日に走って来たと思われる紀州の山並みが見渡せます。
P5230184_R
しかし、未だピークには到着しません。
旧道の分岐の辺りから2車線になります。
残念ながら(?)の旧道の大峪隧道は通行止めでした。
P5230192_R
8時20分、ピークのトンネルに到着。
P5230194_R
ここから一気に下り熊野市街に入ります。
先ずは国道42号線沿いにある「獅子岩」に。
なるほど、獅子です。
ここまでの距離は20km、時刻は8時45分。
P5230203_R
 予定より早くスタートしたこともあり熊野市駅に寄ってみて帰路のスケジュールを見直してみることに。しかし、接続が悪く早く着いた甲斐がありませんでした。
9時過ぎの時点で次の新宮行きは9時50分で割りとタイムロスが少なく見えますが、新宮に着くのは10時21分で新宮から先は1時間以上空いて11時27分発の新大阪行きの特急「くろしお22号」となります。
一方、松阪方面へは9時33分発の特急「南紀」となり慌ただしい過ぎます。
(当初は11時34分発の列車に乗り松阪に出て、そこから近鉄特急で鶴橋経由で帰る予定でした。)
取りあえず1時間を新宮で潰すつもりで、もう一つの見所の「鬼ケ城」に向かいます。
国道42号線の鬼ケ城トンネルは自転車の通行は禁止なので旧道を走ります。
P5230209_R
国道42号線を渡り「鬼ケ城」に。
自転車を置き遊歩道を進みます。
P5230217_R
太平洋に面した雄大な景色が広がります。
P5230231_R
ここの観光を終えた後、新宮までの距離を確認してみます。
すると25kmほどです。
新宮駅を11時27分発の新大阪行きの特急「くろしお22号」に乗るとしたら走って丁度、良い時間になりそうです。
意を決して新宮に向け国道42号線を走り出します。
途中、次週に「ツール・ド・熊野」の開催を告知する標識がありました。
開催日と重なっていたら交通規制が引かれ危ないところでした。
新宮の手前で少し登りはあったもののほぼ平坦で10時20分に新宮に到着。
スーパーでお昼の弁当を買ったり、駅近くで普段、見ることがないJR東海の車両を写したりします。
で、新宮駅に到着。
駅前には「WEST EXPRESS 銀河」のヘッドマーク(レプリカ?)が展示されていました。
P5230247_R
結局、この日の走行距離は50kmとなりました。
(でもちょっと計画が甘かったかな?)
そして妄想サイクリングだった紀伊半島縦断をトラブルもなく実走サイクリングとなりました。(10日ほど前に換装したディオーレXTのRDも順調でした。)

2日目のコースマップです。

5月22日から23日の1泊2日で紀伊半島縦断をしてきました。
近鉄・大阪阿部野橋を8時20分発の吉野行きの急行に乗り吉野神宮で下車。
手早く自転車を組み立てて10時過ぎにスタートします。
P5220021_R
吉野川沿いに東に進みます。
やがて国道169号線に入り道は南下していきます。
そして最初の登りとなる大滝ダムへの登りとなります。
P5220030_R
今回のサイクリングの目的の一つにダムカード収集があるので登り切ってから管理事務所に寄ってみます。
しかし、ここで衝撃の事実が!
なんとダムカードの配布は休止!
リサーチ不足でした。
先が長いのでここで怯んでいる訳にはいきません。前進あるのみです。
暫くして道の駅「杉の湯川上」があるので休憩しようかと思いましたが、人が多いのでこの辺りの名物の「柿の葉すし」を買って先に進みます。
ダム湖沿いに進みます。
やがてダム湖は消え谷沿いの道になります。
そして次のダムである大迫ダムへの登りが始まります。
ダムの手前で工事があり時差通行になっていました。
薄々、ここもダメかと思いながら管理事務所に寄ってみましたが、やはりダムカードの配布は休止中でした。
P5220045_R
ここで先ほど買った柿の葉すしを頂きます。
P5220048_ed_R
ここを過ぎると吉野川と北上川との分水嶺である伯母峯峠(新伯母峯トンネル)への登りとなります。
中でもそのハイライトはその手前にある栗の木トンネル、滝の脇トンネル、一ケ山トンネルと連なる大ループ橋です。
P5220054_R
ループ橋を過ぎ大台ケ原への道と分岐した直後に新伯母峯トンネルとなります。
この辺りまで来ると通行量はグッと減りトンネルの幻想的な照明と相まって良い感じです。
P5220067_R
山深い紀伊半島の中を進んで行きます。
途中、天川村に抜ける行者還トンネルへの分岐がありましたが、崩土のため通行止めとなっていました。
この分岐から南の道は初めての領域になります。
P5220070_R
下北山村に入ると徐々に北上川はダム湖の様相となってきます。
P5220078_R
大昔、世間を賑わせたツチノコをモチーフにした「ツチノコ大明神」が登場。
P5220079_R
そしてトンネルを抜けて現れる分岐を左折すると池原ダムとなります。
この堰堤は尾鷲に続く国道425号線になっていて自動車が対面通行できる幅を有しています。
P5220083_R
昨年のサイクルスポーツ誌で紹介されていた同じカットを撮影をするため一旦、堰堤から下って平成の森コテージに向い登り返します。
そして撮影したのが下の写真になります。
DSC_0262_R
撮影後は再び下りダムカードの配布所である下北山村スポート公園内のきなり館に向かいます。
ここはダムカードの配布がダムの管理事務所ではないためかダムカードを頂くことができました。
十津川村への分岐にレトロな橋が架かっていました。
池原橋ですが、ランタン風の照明もある立派な橋です。
P5220110_ed_R
下桑原で右折し国道169号線を離れ県道229号線に入ります。
七色に向かうため不動トンネルを抜けてショートカットします。
その途中、小さな鯉のぼりが並ぶ集落があったので寄ってみます。
P5220127_R
不動トンネルを抜け下り切ると国道169号線に合流します。
左折し七色ダムを目指します。
ほどなく細い道になり登りとなります。
小さなトンネルを抜けると七色ダムです。
堰堤の上にゲートの支柱が並ぶ威風堂々の姿です。
P5220136_R
この後、登って来た道を引き返し次のダムである小森ダムを目指します。
途中、今日の宿の前を通りますが、ダムカードの配布時間の締め切りである17時も迫っているのでそのまま通過します。
道の駅「おくとろ」の手前から吊り橋を渡り小森ダムを目指しますが、ダムの姿を見ることは出来ず(結構、登ったのですが)先にダムカードの配布所である道の駅に寄ってみます。
締め切りの17時の数分前に到着し先ほどの七色ダムのカードをもらい小森ダムの行き方を聞いてこの後に行きますので言うことで小森ダムのカードも頂きました。
道の駅の前の国道169号線を南下するのですが、直ぐに道は細くなり左手にダム湖が見えてきます。
照明がなく真っ暗な小森トンネルを抜けますが、ダムの姿を見ることが出来ませんでした。
なのでダム湖の写真を。
P5220143_R
この後、道の駅に戻り早いですが、腹ペコもあり夕食を取ります。(それに宿は食事の提供がないし、暗くなってからの行き来は大変でもあるので。)
食後、隣りにある小さなコンビニで翌朝のパンを買い宿に向かいます。
そして18時10分に宿に到着。
走行距離は100kmオーバーの113kmとなりました。

コースマップです。

宿を7時過ぎに出たこともあって熊野市駅には9時前に到着。
しかし、列車の接続は悪いので25kmほど走って新宮駅から11時27分発の特急くろしおに乗車することに。
(当初は松阪に出て近鉄特急で鶴橋に出る予定でした。その方が料金も安いし所要時間が短いので。)
切符を買いホームに入るとなんとホームに待っていたのはパンダくろしお号。
(テールライトの赤いLEDが吊り上がっている眼にも見えて少し怖い感じのパンダです。)
P5230250_ed_R
車内もずらっとパンダが勢揃いです。
P5230257_R
 新大阪に着いたのは15時50分と4時間半近くの乗車となりました。

↑このページのトップヘ